薬価コンサルテーション

e-Projectionでは、薬価に関する包括的なコンサルテーションを提供しています。

薬価は市場規模同様、ビジネスの方向性を決定する重要なファクターのひとつです。
我々は、医薬品の研究開発のアーリーステージから、収載、発売後、長期収載品となった後のレイトステージまで、製品ライフサイクルの全般にわたって、製品のバリューを最大化するためのコンサルテーションを行っています。

例えば、薬価を担当する部署が完全には整備されていないようなバイオベンチャー、中堅企業様への、薬価に関する全般的なサポートも行っております。

あるいは、弊社の売上予測モデルを用いた定量的な視点から、大手製薬企業様の既存の薬価戦略に関する見直しの提言等を行っております。

e-Projectionでは薬価戦略の策定・提案・見直しに際しまして、当局の担当者へのヒアリングも含めた包括的なコンサルティングサービスを提供しております。

既収載品の薬価予測および薬価戦略の提言

既収載品の薬価は、その後のセールスフォース・アロケーションの方向性を決定する重要な要素です。

e-Projectionでは薬価戦略の策定について、客観的な提言を顧客企業に対して行って居ります。

新規収載品の当局との薬価交渉のコンサルティングおよびサポート

承認された新薬について、製薬企業は薬価収載を希望する場合は厚生労働省に「薬価基準収載希望書」等を提出する必要があります。

e-Projectionでは、我々の長年にわたるこの分野での経験に基づき、薬価収載について当局とのやり取り等に関するノウハウをご提供し、新薬の価値を最大化すべく、顧客企業をサポートしてまいります。

医薬品の売上予測・事業性評価を行い、製薬企業・バイオベンチャー企業様の戦略立案・経営判断をサポート