ブログ

2022.05.19

2022年6月13~16日にサンディエゴで開催されるBIO International Conventionに参加します

2022年6月13日から16日にかけて,アメリカのサンディエゴで行われるBIO International Conventionへの参加が決定しました。Virtualのミーティングの他、今回は2年ぶりに対面形式でも参加い […]


2022.05.19

連載:医薬品の事業性評価の理論と応用
『事業性評価の目的と意義』
医薬品の事業性評価の特徴と注意点(2)

国際医薬品情報 2022年1月24日〈通巻第1194号〉 「マーケットアクセス」という言葉がある。2010年代から医薬品産業においてよく使われるようになったバズワード(流行りの業界用語)であるが、医薬品の文脈でこの言葉に […]


2022.01.13

e-Projectionが「テレワーク東京ルール」実践企業宣言に登録されました

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは、テレワークを新型コロナウイルス感染症防止のための緊急避難的な一過性のものとすることなく、促進・定着に向けて、「働き方改革」や「ビジネス革新」、「人材の有効活用」、「危機管理」など […]


2022.01.04

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。 旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。 2022年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げま […]


2021.12.24

2022年1月10~12日のBIOTECH SHOWCASE@San Franciscoは
オンラインでの参加に変更になりました

2022年1月10日から12日にかけて,アメリカのサンフランシスコで行われる予定でしたBIOTECH SHOWCASEは新型コロナウイルス感染症の流行状況により、すべてDigitalでの開催に変更となりました。これに伴い […]


2021.12.07

2022年1月10~12日にサンフランシスコで開催されるBIOTECH SHOWCASEに参加します

2022年1月10日から12日にかけて,アメリカのサンフランシスコで行われるBIOTECH SHOWCASEへの参加が決定しました。対面形式のミーティングの他、Virtualにも参加いたします。PartneringOne […]


2021.12.06

連載:医薬品の事業性評価の理論と応用
『事業性評価の目的と意義』
医薬品の事業性評価の特徴と注意点(1)

国際医薬品情報 2021年10月11日〈通巻第1187号〉 ここまでは事業性評価の目的について、いわば評価科学の側面から議論してきた。ここからはもう少し医薬品産業、特に医療用医薬品の製品としての特徴に留意しながら、業界固 […]


2021.10.07

東京理科大学大学院ビジネススクール公開授業にゲストスピーカーとして参加します

東京理科大学大学院ビジネススクールでは、様々なシンポジウムやセミナーを実施していますが、この度、弊社代表の長手がゲストスピーカーとして参加することとなりました。 先日の弊社主催のウェビナーにおきましても、業界を取り巻く環 […]


2021.10.06

イベント参加:横浜で開催されるBio Japanに参加します

2021年10月13~15日にパシフィコ横浜およびオンラインで開催されるBio Japanに参加いたします。 昨年からは、海外また出張制限のある国内企業からも参加できるようにオンライン会議システムが導入され、世界23ヶ国 […]


2021.09.13

イベント報告:ウェビナー『ポストコロナ時代の医薬品の事業性評価update』を開催

2021年9月10日、弊社主催のウェビナー『ポストコロナ時代の医薬品の事業性評価update』を開催いたしました。 オンラインでの開催となりましたが、以下プログロムのもと約110名もの方々にご参加いただき、大変有意義な時 […]